« May 2011 | Main | May 2012 »

2011.06.04

ギガビットLANのジャンボフレーム(ジャンボパケット)サイズ

Intel Gigabit CT Desktop Adapter (EXPI9301CT)のジャンボフレームが最適な値か確認する方法。

とりあえず、デバイスのプロパティからサイズを選ぶ。
C1

TCP Monitor Plusを使って実際のサイズを確認する。
C2
ドライバのプロパティで4088バイトを選択したが、MTUは4074となっている。
これは 4088 = MTU(4074) + Ethernetヘッダ(14) と認識出来る。
つまりインテルのドライバではEthernetヘッダを含んだサイズを指定することになる。

さて、EXPI9301CTは上のイメージの通りサイズを4088バイトと9014バイトのいずれかを選択することになるので他のNICもこれに合わせることになる。NICによっては4088を4KBと表示するものがあるが、念の為TCP Monitor Plusで確認するとよい。
C3
これはサブマシン(XP)のオンボートNICの情報。
ぴったりMTUが合っている。

ギガLANでジャンボフレームを設定したが、思ったほど速度が出ない(遅い)人や異なるNICが混在する環境の時は上記の手順で調べてみて見ることをおすすめする。

ギガビット CT デスクトップ・アダプタ EXPI9301CT の詳細

| | Comments (268) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | May 2012 »